• 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 河西新聞店|新聞販売店.COM 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間

ピープルビジネスとは何か?

まず、ピープルビジネスについて解説しておきましょう。
ピープルビジネスとは、企業経営における収益の大半を「人材=ピープル」によって創出するビジネス形態を指しています。
また、総コストに占める人件費の比率が大きい業種などを含めて、そう呼ばれることもあります。
日本では主に「マクドナルド社」がこのピープルビジネスを掲げているのも有名な話です。

収益とは一般的に「モノ」や「コト」と言った価値を提供する側が、その対価としてお金を受け取って計上されます。
その「モノ」や「コト」を提供する側の「ヒト」がビジネスの成果を左右するという考え方になります

簡単に言うなれば、経営リソースの大半を「人材=人財」によって支えているということでしょうか。

新聞販売店とピープルビジネス

新聞販売ビジネスも、収益の創出に「人材(財)」は無くてはならない存在です。
その意味からすると、新聞販売店もれっきとした「ピープルビジネス」です。

ここで、新聞販売業界に共通した「人材に対する課題」に触れておきます。
これまで、どこの新聞販売店も「来る者拒まず、去る者追わず」という風土が定着し、「育成」という考え方が今一つ定着してきませんでした。
その結果、「出来る人は残り、出来ない人は自然に居なくなる」という現象から、「慢性的な人手不足」というロジックが成り立っています。

この課題を解決していくには、「人材育成」という観点を持たなくてはなりません。
それには、適正な「人事評価制度」を設ける必要があります。

新聞販売店の業務は、はっきりと数値化できる部分(配達・集金・営業・顧客クレーム率)と数値化出来ない部分(同僚の評価・上司の評価・顧客からの評価)などに分けられます。
人事評価とは、数値化できる範囲だけで査定するわけではありません。
大事なのは、数値に現れない部分を「いかに評価してあげられるか」です。
例えば、仕事へ取り組む姿勢、会社への貢献意識なども大切な要素です。

そして、これらを「各人の姿勢次第」で評価するのではなく、会社側でもしっかりと「人材育成メソッド」を確立させて、積極的に関与していかなくてはなりません。

「会社として人材をどう考えているか」
「会社はこの先どの方向を目指していくのか」
「そのために何が必要か」
「その人にどうなってもらいたいか」
「目指す先にはどんな明るい未来が待っているのか」

これらを明確にし、社員一人一人と十分なコミュニケーションを図ることが必要です。
すると自然発生的に社員一人一人の「モチベーション」が創出されることでしょう。

人は、心が確立されれば行動が変わります。
行動の継続は習慣化をもたらします。
つまり、組織全体があらたな風土に変わると言うことです。

  • 新聞販売店のアイデアビジネスを考えてみよう!
  • 新聞販売店の「引き継ぎ」について
  • 消費税の増税|新聞販売店.COM
    新聞販売店から見た新聞に対する消費税の見識とは?
  • 新聞販売店は戦国時代さながら?
  • 親方とオーナー|新聞販売店.COM
    新聞販売店のオーナーは相撲界の親方衆と同じってこと?
  • 新聞販売店は思考転換を図るべし!
おすすめの記事
河西新聞店|新聞販売店.COM
新聞販売店の仲間
お店PR 2015年10月から「ポストを開けたら朝刊と珈琲豆」という、自家焙煎の珈琲豆宅配サービスを開始。2017年12月には「パンとコーヒ...
新聞配達のナレッジ
臨配とは何か? 臨配(りんぱい)とは、「臨時配達」の略称で、臨配団という新聞配達員の派遣や紹介を専門におこなう会社に登録をして、仕事の依頼が...
新聞配達のナレッジ
新聞販売店のメイン業務のひとつに「営業」があります。 昔も今も訪問営業が基本ですが、世の中の流れで、なかなか昔ほど玄関のドアが開きにくい時代...
新聞販売店ビジネス戦略
今、新聞販売業界では存続の危機に直面する事業者が後を絶ちません。 その多くの理由は、「業績不振」による事業撤退です。 しかし、中には業績こそ...
全国紙
日本を代表する経済紙で通称は「ニッケイ(NIKKEI)」。国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ・ミクロの経済情報が充実し...