• 新聞販売店の仲間
  • 河西新聞店|新聞販売店.COM 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間

新聞販売業界は、「新聞離れ」⇒「購読者減少」⇒「売上低迷」という『負のスパイラルをどう断ち切るか』が共通の課題です。

それには、これまでのような「セールス思考」から脱却し、「マーケティング思考」へ転換を図ることが必要です。
まず、この両者の「違い」について簡単に解説しましょう。

前者の「セールス思考」とは、「物売り」優先の考え方で「売り手基点」と言ったところです。
確かに日本が高度成長期の頃は、「作れば売れる」「出せば買っていく」というイケイケで、まさに「物売り」が闊歩(かっぽ)した時代です。

しかし、今の時代はどうでしょう。
日本において、おおかたの消費者は、生きていくうえで必要なものはほぼ取り揃えている状態であり、「より良いものを、いかに安く」に思考が転換しているのです。
また、インターネットの普及で昔とは比較にならないほど「情報」が取りやすくなり、より一層「見極める目」を養っているのです。
そのような中、以前のような「売り手基点」の考え方では今の時代、ものが売れるはずもありません。

では後者の「マーケティング思考」とは何なんでしょうか。
セールス思考が「売り手基点」であることはお話ししましたが、マーケティング思考は「顧客(市場)基点」の考え方です。

収益は、売上があってこそ創出されるので、セールス思考もマーケティング思考も目指すところに変わりはありません。
しかし、大きな違いは「見据える視点」です。

まず、売上の源泉はどこから来るかを考えてみてください。
それは、まぎれもなく「お客さん」からです。
まさに、「お客さんなくして商売なし」というわけです。

しかし一方で、物に対する厳しい目を持つお客さんでも、自分とって価値あるものとわかれば「お金」を払うことに抵抗はありません。
「お客さんは何を求めているか?」「何に価値を感じるのか?」
いわゆる「お客さんのニーズ」です。

お客さんのニーズを知り、どうのような価値を提供していくか?
これが、「マーケティング思考」の原点です。

  • 実録!臨配(りんぱい)ビジネス
  • 新聞のキャッシュレス化|新聞販売店.COM
    新聞も訪問集金からキャッシュレス時代がやってきた!?
  • 新聞販売店は戦国時代さながら?
  • 新聞販売店はピープルビジネス?
  • 子供の就労と新聞配達の仕事について
  • 新聞販売店のマーケティング思考-付加サービス 編
おすすめの記事
全国紙
「モノをいう新聞」を標榜し続ける全国紙。日々の事件・事故や話題に加え、朝鮮半島や中国情勢、安全保障、教育問題など各テーマで時代を先取りする報...
新聞販売店の仲間
お店PR 私たちは、『毎日が新製品!』である新聞の販売配達を通じて、「60種類の新聞・書籍の取り扱い」と「県内では弊社だけの選挙特報とWEB...
新聞折込チラシ|新聞販売店.COM
新聞配達のナレッジ
「新聞販売店の仕事で真っ先にイメージするのは?」 と聞かれたら、こんな光景を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか? そうです!これは街中...
全国紙
日本を代表する経済紙で通称は「日経(NIKKEI)」。国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ・ミクロの経済情報が充実してい...
新聞配達のナレッジ
一般的に「新聞」と言ったら、朝日、読売、毎日、産経、日経など、いわゆる全国紙の5大新聞をイメージする人も多いかと思います。 しかし、日本には...