• 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 河西新聞店|新聞販売店.COM 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間

新聞販売店が今後、事業を維持・繁栄していくためにどうすれば良いのでしょうか?
「わかってたら、こんな苦労はしてないよ!」
と、怒られてしまいそうですが、ここは皆さんと一緒に考えてみようではありませんか。

新聞販売業界に限ったことではないですが、世の中には「強者と弱者」「勝ち組と負け組」という構図が最近より一層顕著に表れているような気がします。
これは何も資金力があるか、ないかで決まるものではないと思います。

一方、この厳しい市場で生き残り、さらに成長している中小企業も多く存在します。
彼らに共通していることは、「時流を掴み、受け入れ、適応を遂げている」点だと言えます。

例えば、コンビニ業界もここ最近、売上の伸び率が思わしくありません。
そこで考え出したのが、「シェア自転車貸出サービス」です。
自店の駐車場の一部に貸自転車のスペースを設けることで、自転車を利用するついでにコンビニに立ち寄ってもらい、利用客の増大を図るのが狙いです。
利用者も、身近に自転車をシェアして利用できると評判は上々のようです。

コンビニ店の取り組みからわかるように、時の流れとともに世の中の動きや考えが変わり、あらたな問題が発生したりして、世の中が求めるものも変化します。

そこを自社(店)の事業領域に照らし合わせて、「世の中が求めるニーズに対応できることはないか?」と言う発想を常に持ち続け、行動に移すことが大切なわけです。

新聞販売店のビジネスアイデア

そんなことで、新聞販売業界にとって世の中の「時流」をひも解き、アイデアビジネスについて考えてみたいと思います。

親和性の高いキーワードとしては「少子高齢化」や「過疎化」、「希薄化」などの社会問題が思い浮かびます。
「問題」があるということは、そこには「ニーズ」が必ず存在するものです。
「ニーズ」があると言うことは、そこに「ビジネスチャンス」も転がってくるわけです。

このキーワードに照らし合わせて、新聞販売店の事業特性をザッと上げると「配達網」「ヒト(スタッフ)」「店舗」「購読者データ」などうまく活用できそうです。

例えば、配達網を生かした「宅配サービス」やヒト(スタッフ)を生かした「便利屋サービス」、店舗を生かした「子供の預かりサービス」や「荷物預かりサービス」、日中に空き部屋があれば、「時間貸しレンタルスペース」なんかも可能ですね。
特に、宅配サービスは既に大手の宅配業者と業務提携をして、小荷物の配送を行っている新聞販売店もあります。
いま、注目の「異業種タイアップビジネス」と言ったところでしょうか。

また、新聞販売店には購読者(お客さん)をたくさん保有しています。
そう言ったお客さんから「どんなサービスだったら利用したいか」というアンケートを取って見ると、意外なニーズが発見できるかもしれません。

もちろん、これらサービスはあくまで「ビジネス」の一環で考えるべきなので、それぞれの波及効果も見据えることは大切です。
徹底した市場リサーチを行ない、自店エリアの顧客ニーズに沿ったサービス提供をすることで、本業である新聞販売事業の維持・繁栄に繋げていきたいものです。

  • 新聞販売店にみる事業変革の心得とは
  • 新聞販売店は思考転換を図るべし!
  • 新聞流通経路|新聞販売店.COM
    新聞社と新聞販売店はどんな関係なの?
  • 新聞販売店のマーケティング思考-地域情報誌 編
  • 消費税の増税|新聞販売店.COM
    新聞販売店から見た新聞に対する消費税の見識とは?
  • 選ばれる新聞販売店になるためのセオリー
おすすめの記事
河西新聞店|新聞販売店.COM
新聞販売店の仲間
お店PR 2015年10月から「ポストを開けたら朝刊と珈琲豆」という、自家焙煎の珈琲豆宅配サービスを開始。2017年12月には「パンとコーヒ...
新聞販売店ビジネス戦略
新聞販売店の経営は誰でも出来るわけではありません。 活動したい特定地域において、取り扱う新聞社と協議し、正式な契約を取り交わす必要があります...
新聞販売店ビジネス戦略
ピープルビジネスとは何か? まず、ピープルビジネスについて解説しておきましょう。 ピープルビジネスとは、企業経営における収益の大半を「人材=...
新聞配達のナレッジ
新聞販売店が募集する求人票をよく見ると、「財形貯蓄制度あり」とか「大型積立制度あり」とか書いてあるのをご存知でしょうか。 では、新聞販売店が...
新聞配達のナレッジ
プロの新聞セールスマンは2種類! 新聞販売店で働いていると幾度となくスーツを着た外注の新聞セールスマンに会うことも多いと思います。 これは「...