• 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 河西新聞店|新聞販売店.COM 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
住み込み|新聞販売店.COM

社会で生きていくうえでは、「仕事」は必須の要素です。
そして生活するうえで「衣食住」も欠くことはできません。
仕事は、この「衣食住」の基盤があってこそ成り立つものと言えるでしょう。

特に「住」つまり、「住まい」は生活の拠点でもありますが、安心して仕事をするためにはしっかりした生活基盤を確保する必要があります。
そんな働き手のニーズに対応するのが「住み込みの仕事」です。
住み込み|新聞販売店.COM
求人募集に「社宅」や「寮」が完備された広告もよく見かけます。
その中で「新聞配達」の仕事も、昔から「住み込みで働ける仕事」としてイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
現に、住み込みで働ける環境を提供している新聞販売店は多くあります。
そこで、「新聞販売店の住み込み事情とは一体どんなものか?」探ってみることにしましょう。

そもそも、住み込みで働く理由は何?

「住み込みで働きたい!」という労働者のニーズは、近年どんどん需要が増しているそうです。
では何故、住み込みの仕事を選ぶ人がいるのでしょうか?
それには、個々の様々な事情があるようです。

地方に住む独身Aさんの場合

地方大学在学中に就活をしていたものの、これと言って将来の目標も見定まらず結局就活を断念したAさん。
卒業後は、近所の飲食店で皿洗いのアルバイトで生計を繋いでいたそうです。
そうしているうちに、「都会の生活」に憧れをいだくようになりました。
しかし、都会に行っても頼れる人もおらず、そもそも住む場所も当面の生活を支えるだけの貯蓄もありません。
そんな問題を解決してくれたのが「住み込みの新聞配達」だったということです。
皿洗い|新聞販売店.COM

勤めていた会社が倒産したBさんの場合

Bさんは高校を卒業してまもなく、食品会社の営業マンとして働いていました。
20代で結婚し、子供を1人授かり、30代で念願のマイホームを手に入れ充実した日々を送っていました。
しかし、脂が乗った40代に差し掛かるころ、ある朝会社に行くと同僚たちの異変を感じ取りました。
一人の同僚から話を聞くと、「社長が夜逃げしたらしい」と言う。
まもなく、何億という多額の負債をかかえ会社は倒産したそうです。
突然、職を失ったBさんは購入したマイホームの住宅ローンを払い続けることはできず、売却を余儀なくされました。
子供は既に独立していたものの、住まいも失ったBさんは奥さんとこの先どうしていくかが最大の問題です。
そんな時に出会ったのが「社宅付き新聞配達」の仕事だったそうです。
倒産|新聞販売店.COM

住み込みで働くメリットとデメリットは?

住み込みで働くということは、「仕事」と「生活」の結びつきがより強くなると言うことです。
それでは、新聞販売店にみる「住み込み」で働くメリットやデメリットをいくつか取り上げてみましょう。

住み込みで働くメリット

●入居にかかる費用(一時金)の支援制度
住み込みの労働環境を提供している新聞販売店の多くは、入居にかかる費用(引越し代や最低限の生活道具など)を負担してしてくれる支援制度を設けているところがあります。
手元資金が不足している人たちにとっては、非常にありがたい特典ですね。

●住まいのバリエーションが豊富
新聞販売店が提供する住まい形態も様々あります。
職場と一体に寮が付いている新聞販売店(例えば、1階が職場で2階が寮など)もあれば、同一敷地内の別棟に寮を併設していることもあります。
最近では、民間アパートやマンションを新聞販売店で一括もしくは、一室を借上げて提供しているケースが多いようです。
単身者の場合は、新築ワンルームだったり、既婚者であれば家族と同居できる一戸建て賃貸の提供など、住まい方に合わせて対応してくれることもあります。

●通勤時間が短い
寮でも社宅でも、新聞販売店が提供してくれる住まいは、職場からすぐ近くにあるところがほとんどです。
通勤に時間を取られない分、朝が早い仕事の代名詞である新聞配達スタッフにとっては、大変ありがたい条件です。

●同じような境遇の仲間と出会える
まったく知らない土地にきて単身生活することは、不安だらけです。
しかし、住み込みの労働環境を提供している新聞販売店は、比較的規模も大きく、大勢の従業員を雇い入れています。
そこで住み込みとして働いている先輩は大変心強い存在です。
生活していくうえの知恵やアドバイスをもらったり、同じような境遇ということで意気投合し、仲間意識も芽生えるはず?です。
見知らぬ土地で一人孤独…。という環境では少なからずないようです。

住み込みで働くデメリット

●仕事中心の生活になりやすい
当たり前ですが、雇い入れる新聞販売店としてはスタッフにしっかり働いてもらうために、住む環境を整えています。
そのため、どうしても仕事優先の生活になりがちです。
また、寮などの共同生活の場合は、ルール(規制)を設けていることもあります。
しかも、職場から近いこともあり、仕事とプライベートの線引きがやや薄れてしまうのは仕方ないところでしょうか。

●住まいに制約がある
これも当然ですが、住まい環境を提供するのは、あくまで新聞販売店側です。
もちろん衛生面や住環境が整っていることは大前提ですが、住まい方に対するこだわりがあっても、立地、広さ、間取り、機能面などに一定の制約や希望通りにいかないことは、ある程度覚悟しなくてはいけません。

このように、住み込みで働くことは、特典もある反面、制約もあります。
では、実際に住み込みで働くためにどんなことに気を配れば良いのか、そのポイントやチェックしたい項目など取り上げてみることにします。

  • 女性配達員|新聞販売店.COM
    新聞販売店で働く女性の労働環境はどうなってるの?
  • 社会保険の加入|新聞販売店.COM
    ところで新聞販売店の社会保険はどうなっているの?
  • Googleマップ|新聞販売店.COM
    順路取りもGoogle Mapsを活用すれば鬼に金棒!?
  • 定年退職|新聞販売店.COM
    定年後のセカンドワークと新聞配達のススメ
  • 仕事の日常|新聞販売店.COM
    新聞配達の仕事にみる独特な日常を覗いてみよう!
  • 雨の日対策|新聞販売店.COM
    雨の日の新聞配達、対策はどうしていますか?
おすすめの記事
新聞流通経路|新聞販売店.COM
新聞販売店ビジネス戦略
購読者のお宅には、毎日のように契約した銘柄の新聞が届けられ、その対価として毎月購読料を支払います。 では、その購読料はどこに支払うのかという...
新聞配達のナレッジ
新聞販売店で働くスタッフさんは、専業、副業を含めて全国に30万人以上(2017年時点・(社)新聞協会 調べ)います。 そこで、新聞販売店での...
新聞配達のナレッジ
とある日の朝のこと… 「母さん!新聞が入ってなかったぞ」 「あんた何言ってんの、今日は新聞休みじゃないの」 「ああ、そうか今日は休刊日か…」...
新聞配達のナレッジ
よく自分たちの「住まい方」を語るうえで、「購入派」か「賃貸派」か、「一戸建て派」か「マンション派」など、度々議論が交わされているのを耳にしま...
新聞販売店の仲間
お店PR 当社は2016年6月、80年続いたYC鎌ケ谷の渡辺新聞から事業を引き継ぎ、新たに「YC富士栄(ふじさかえ)」として営業を開始しまし...