• 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 河西新聞店|新聞販売店.COM 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間
  • 新聞販売店の仲間

どんな仕事でも始めから手際よくできるわけではありません。
しかし、あらかじめ働き方のコツを知っておけば,慣れるまでの間隔を少しでも短縮させることは可能です。

そこで、今回は、新聞販売店の仕事をするうえで、是非押さえておきたいポイントを教えたいと思います。
但し、新聞販売店の仕事と言っても大きく分けて集金・営業などを行う「顧客管理」と呼ばれるものと,実際に新聞を配達する「配達業務」の2つに分けられます。

今回は、より多くの人が携わる「配達業務」について取り上げてみます。

その1.新聞配達は、朝型人間より“夜型人間”が向いている!

「え?新聞配達の仕事って朝早いじゃないの?どういうこと?」って思われるかもしれません。
確かに,「新聞配達は朝が早い大変な仕事」というイメージを抱く人も多いことでしょう。

しかし、実際のところは早朝から仕事を開始するかと言うと、そうではなく、実は深夜1時や2時から始業するところがほとんどなんです。

そうすると、「朝刊の配達業務は深夜に始まり,明け方に終わる仕事」が正しい表現かもしれません。
もし、早起きが苦手な人が早朝から仕事開始なんてことになると確かにシンドイ話です。

それが、夜中の1~2時から開始となれば、早起きが得意な朝型人間より、むしろ夜に強い人の方が、仕事に馴染むのが早いかもしれませんよ。

その2.新聞配達は”向上心“が自分の仕事を楽にする!

ここで言う「向上心」とは「何も世のため人のために働きなさい!」という崇高なものではありません。
むしろ,「自分を楽にするために頑張って働きましょう」ということです。

新聞配達の仕事は,配達が完了すればそれで終了です。
極端なことを言えば,配達が1時間で完了しても,4時間かかっても,お給料は一緒なわけです。
であるならば,少しでも早く終わらせたほうが自分のためになりますよね。

それに,最初はたくさんの時間をかけて配達していたものが,慣れてきて色々工夫を凝らすことによって段々と配達時間が短くなっていくと,やりがいや達成感も出てきます。

誰の目にもつかない仕事だからこそ,そういった自分なりのやりがいを見つけることは,仕事を続ける上での大事なモチベーションが持続するわけです。

その3.新聞配達は、“睡眠”も仕事の一部!

当たり前の話ですが,何の仕事でも「健康であること」が大前提です。
特に、身体が資本の仕事であればなおさら「体調管理」に気を付けたいところです。

新聞配達の仕事は、一般の人が寝静まる深夜~明け方に業務を行うため,「睡眠の取り方」次第で体調バランスが大きく変わってしまいます。
万一、寝不足が原因で体調を崩して「配達が出来ない」なんてことになったら大変です。
そう考えると、「睡眠も仕事の一部」として捉える必要があり、ベテラン配達員さんも色々な知恵や工夫を凝らして睡眠方法を考え、実践しているようです。

その中で、簡単で効果の高い睡眠法を一つ紹介しましょう。
睡眠を妨害する原因の一つに「周囲の音」があげられます。
そこでぜひ活用してほしいのが,ノイズキャンセル機能のついたイヤホンです。

【参照】装着すると脳波を測定して最適な音楽を流し、入眠を促進してくれるBluetooth ヘッドフォン「Kokoon Egg headphone

これは周囲の雑音を完全にシャットアウトできるという優れもので,日中に睡眠時間が必要な新聞配達スタッフさんには、おすすめのアイテムと言ってもいいと思います。

耳栓だと目覚まし時計の音が聞こえないという恐怖もありますが,ノイズキャンセル型のイヤホンは騒音だけを打ち消してくれますから,目覚ましアラームなどの音はしっかりと聞こえて寝過ごす心配もありません。

さらに、遮光カーテンやアイマスクといった睡眠対策グッズを併用すれば、日中の睡眠でもぐっすり眠れるのではないでしょうか。

  • 新聞配達の「失敗あるある」から学ぶ「教訓」とは?
  • 新聞販売店で働く皆さん!給与明細を見てますか?
  • 新聞折込チラシ|新聞販売店.COM
    新聞販売店の「チラシ折込」の裏事情
  • バイク防寒|新聞販売店.COM
    新聞配達の快適装備 -バイク防寒アイテム 編-
  • 配達の効率化|新聞販売店.COM
    新聞配達の業務効率化を図るための3つのワザ
  • 配達のマナー|新聞販売店.COM
    新聞配達員のための5つのマナーチェック!
おすすめの記事
新聞販売店ビジネス戦略
どこでも少子高齢化が叫ばれる世の中です。 確かに世間の出来事と言えば、良くも悪くも高齢者にまつわる話題が後を絶ちません。 しかし少し目線を変...
新聞販売店の仲間
お店PR 私たちは、『毎日が新製品!』である新聞の販売配達を通じて、「60種類の新聞・書籍の取り扱い」と「県内では弊社だけの選挙特報とWEB...